HICAREとは

トップページ > HICAREとは > 会長あいさつ

HICAREとは

会長あいさつ

放射線被曝者医療国際協力推進協議会(HICARE)は,人類で最初に原子爆弾による惨禍を被った広島が,尊い犠牲のうえに積み重ねた経験を生かし,関係機関の緊密な連携協力の下に,広島を挙げて,世界の被ばく者医療への貢献と国際協力の推進に資することを目的として,平成3(1991)年4月に発足しました。

発足以来,チェルノブイリ原発事故やセミパラチンスク核実験などに伴う放射線被ばく者医療への支援,緊急被ばく医療への協力,北・南米や韓国の原爆被爆者医療従事者の養成,被爆者医療解説書の出版やシンポジウムの開催など各種の事業を実施してまいりました。
国内においても,平成11(1999)年の茨城県東海村臨界事故や,平成23(2011)年の東日本大震災に伴って発生した福島第一原子力発電所事故に対して,専門家を派遣するなどの活動を行っております。
この間,保健衛生の分野で,我が国では最も権威のある保健文化賞を受賞するなど,その活動について高い評価を受けています。

また,HICAREの活動をさらに広く世界に知っていただくとともに,新たな国際貢献 の推進をめざすため,平成22(2010)年に国際原子力機関(IAEA)と放射線被ばく者医療の分野に関する覚書を取り交わし,平成23(2011)年11月にIAEAと協働で「HICARE国際シンポジウム『放射線の人体影響』」を開催しました。平成26(2014)年5月8日には,IAEA協働センターに指定されたことから,より一層緊密にIAEAと連携し,共同研究や人材育成などの協働事業を進めております。
今後とも,HICAREが放射線被ばく者医療分野における人材育成および情報発信拠点となるよう取り組んでまいります。

このホームページを,国内国外を問わず,一般の方々をはじめ,医療従事者,研究者,行政関係者など多くの方々にご覧いただき,HICAREの活動について理解を深めていただくとともに,放射線被ばくに関する情報のひとつとしてご活用いただければ幸いです。