IAEAとの協働

トップページ > IAEAとの協働 > 共同研究

共同研究

共同研究1

【平成27年度】

●第三回研究共同会議

研究テーマ

"Strengthening of Biological Dosimetry in IAEA Member States: Improvement of

current techniques and intensification of collaboration and networking among the

different institutes"- IAEA-CRP (E35008)

(生物学的線量評価の強化:研究機関の技術力向上,協働とネットワークの強化)

Chief Scientific

Investigators

児玉 善明 (放射線影響研究所 生物試料センター長)
田代 聡 HICARE幹事(広島大学原爆放射線医科学研究所 教授)
期  間平成28年(2016年)3月5日~13日
開催場所IAEA本部 (ウィーン)
発表内容

"Detection of Translocations by the Fluorescence in Situ Hybridization (FISH) Technique Using Whole Chromosome Painting DNA Probes-Detection of Dicentric and Ring Chromosomes by the FISH Using Centromere and Telomere PNA Probes"

 

 

田代氏(左より三番目)と他のオフィシャルメンバー

【平成25年度】
生物学的線量評価に関する研修会をIAEAと共同開催

研修名称BIODOSIMETRY IN THE 21st CENTURY Training Meeting
(21世紀における生物学的線量評価研修会)
内 容・HICAREとIAEAは,平成22年8月6日に被曝者医療の分野で,人材育成や共同研究などで協力する覚書を締結。共同研究分野では初めての共催事業として,アジア太平洋地区の研究者を対象とした研修会を,広島で開催。
・被曝した放射線量を把握する生物学的線量評価のための技術力の向上と,IAEA加盟各国の研究機関のネットワークの強化。
日 程平成25年(2013年) 6月10日~14日     研修プログラム
会 場オリエンタルホテル広島  
出席者講 師 11名・IAEA派遣:2名
・HICARE招聘:9名(広島大学,放射線影響研究所,弘前大学,放射線医学総合研究所,環境科学技術研究所)
参加者 14名・国外:9名 (インド,インドネシア,マレーシア,フィリピン,韓国,シンガポール,タイ,ベトナム)
・国内:5名(広島大学,放射線影響研究所)

大久保HICARE会長挨拶

IAEAベリヤコフ氏挨拶

聴講の様子

広島大学原爆放射線医科学研究所訪問

放射線影響研究所訪問

広島平和記念資料館にて

研修会場のホテルにて

【平成23年度】

研究テーマ

“Strengthening of Biological Dosimetry in IAEA Member States: Improvement of current techniques and intensification of collaboration and networking among the different institutes”
(IAEA加盟国における生物学的線量評価の強化) IAEA-CRP (E35008)

Chief Scientific
Investigators

児玉喜明(放射線影響研究所・遺伝学部長)
田代 聡HICARE幹事(広島大学原爆放射線医科学研究所・教授)

期間平成24年(2012年)3月21日~23日
出席

第1回研究連絡会議(ウィーン)出席
児玉喜明,田代聡

共同研究2

【平成24年度】

研究テーマ“Radiation-induced cardiovascular injury”(放射線による循環器・脳血管疾患のリスク評価)
Chief Scientific
Investigators
児玉和紀 HICARE幹事(放射線影響研究所・主席研究員)
期間平成24年(2012年)7月2日~4日
出席

研究顧問会議(ウィーン)出席
児玉和紀