IAEAとの協働

トップページ > IAEAとの協働 > 人材育成 > その他の人材育成(研修生の受入れ)

その他の人材育成(研修生の受入れ)

                                >> 人材育成のトップにもどる

モンゴルより医師等3人を受け入れ

IAEAのプログラムを活用して実施する先進的放射線治療研修にモンゴルの国立がんセンターより医師等3人が参加しました。

 

研修期間

令和元年(2019年)9月2日から11月1日

研修生

1 ウチラルブヤン・エンフボルド (放射線腫瘍医)

2 バヤマー・マンクボルド (放射線腫瘍医)

3 ガンスク・バトフー (放射線技師)

研修機関

担当者

広島大学病院放射線治療科

永田靖 教授

指導教官の永田教授と。

IAEA推薦の研修生の受入れ

世界の被災地で放射線被曝者の治療等に当たっている医療従事者に対して技術指導を行うため,IAEAから推薦された医師等を招聘しました。

研修期間平成25(2013)年1月21日(月)~25日(金)
参加者

アルナ・パレワテ スリランカ国立病院放射線部放射線医コンサルタント
ライジャ・セウリ ヘルシンキ大学小児病院放射線診断センター小児核医学医師)

研修内容

放射線影響研究所,広島大学病院高度救命救急センター,同放射線治療科,広島原爆障害対策協議会,広島赤十字・原爆病院,広島原爆養護ホーム倉掛のぞみ園等で研修。
広島県(HICARE事務局),広島市,広島平和記念資料館への訪問,など。