IAEAとの協働

トップページ > IAEAとの協働 > IAEA協働センター指定

IAEA協働センター指定

IAEA協働センター指定更新セレモニー

HICAREのIAEA(国際原子力機関)協働センター(Collaborating Centre)*1指定更新のセレモニーが、天野 之弥IAEA事務局長の出席により、IAEA本部において行われました。

 

*1 協働センターとは
IAEAの求める高い技術力を持つ機関が協働センターとしての指定をうけ、IAEAと協働して研究・技術開発・研修等に関するプロジェクトを推進するもので、HICAREは平成26年5月に初めて3年の期間で指定されました。

 

日 時2017年11月3日(金)15時30分~(現地時間)
場 所IAEA本部 (ウィーン)
出席者IAEA(国際原子力機関)

天野 之弥

(IAEA事務局長)

アルド・マラバシ

(IAEA事務局次長兼原子力科学・応用局長)

メイ・アブデル-ワハブ

(IAEA原子力科学・応用局保健部長)

在ウィーン国際機関日本政府代表部

松尾 裕敬公使

HICARE

田代 聡

(広島大学原爆放射線医科学研究所教授,HICARE幹事)

濱﨑 幹也

(放射線影響研究所研究員(HICAREからIAEAへ派遣中)

 

 

■ 内容

〇 天野IAEA事務局長から,田代HICARE幹事に,IAEAコラボレーションセンター指定を証するプレートが授与されました。

〇 田代幹事が,HICAREは,今後もIAEAと協働して,①生物学的線量評価,②緊急被ばく医療,③最先端の放射線治療の3つの分野における,人材育成と共同研究を通じて,世界の被ばく者医療に貢献を進めたいとする平松恵一HICARE会長挨拶を代読しました。

田代HICARE幹事(左)と天野事務局長

IAEA協働センター指定記念式典

 平成26年5月、HICARE(放射線被曝者医療国際協力推進協議会)は、IAEA(国際原子力機関)の協働センター(Collaborating Centre)*1として指定されました。国内では,放射線医学総合研究所(千葉市)に次いで2番目となり、HICAREのようなコンソーシアムに対する協働センターの指定は,IAEA初となります。
 これを記念して、平成26年5月26日(月)、リーガロイヤルホテル広島において、指定記念式典およびセミナーを行いました。(セミナー詳細については「普及啓発」へ)

 

*1 協働センターとは
IAEAの求める高い技術力を持つ機関を,協働センターとして指定し,IAEAと協働して研究・技術開発・研修等に関するプロジェクトを推進するもの。

■指定記念式典
 広島県知事,広島市長らの立ち合いのもと,IAEAヒューマンヘルス部長 レティ・チェム氏からHICARE大久保会長へ認証プレートが授与されました。
 今後は,広島が培った被爆者医療の総合力のもと,認証プレートに刻まれている「Capacity Building in Radiation Effects and Human Health(放射線の影響と人の健康に関わる人材の育成)」に関する事業でIAEAと協働し,更なる国際貢献を目指します。

認証プレートを中央に 左から,土肥理事,平松理事,松井市長,大久保会長,チェム部長,湯﨑知事,浅原広島大学長,松村理事