活動状況(年度別)

トップページ > 活動状況(年度別) > 活動状況(2012年度~ ) > 韓国より医療関係者7名を受け入れ

活動状況(年度別)

韓国より医療関係者7名を受け入れ

韓国原子力医学院(KIRAMS)及び国立緊急被曝者医療センター指定病院で緊急被曝医療に携わる医師等7人からなる研修団を受け入れ、放射線被曝者医療に関する研修を行いました。

受入研修生:

1 パク・チヨン

     韓国原子力医学院 医療技術者

2 リ・チヒョン

     韓国原子力医学院 看護師

3 ソン・スンチェ

     大田(テジョン)軍病院 医師

4 チェ・クァンサン

     首都(ソウル)軍病院 看護師

5 ピョン・ダヒ

     大邱(テグ)軍病院  看護師

6 シン・チェミョン

     江北(カンブク)国立大学病院  医師

7 シン・ヒョンジュ

     済州漢拏(チェジュハルラ)総合病院  看護師

研修期間:

 平成29(2017)年9月25日(月)~9月28日(木)

研修機関(研修日程順): 

 広島大学病院高度救命救急センター

 広島大学原爆放射線医科学研究所    

 広島原爆障害対策協議会

 広島赤十字・原爆病院
 広島原爆養護ホーム倉掛のぞみ園
 放射線影響研究所

 その他平和記念資料館ほか視察

研修内容:

放射線被曝者医療研修

広島大学病院高度救命救急センターにて,廣橋伸之教授(中央)と

広島赤十字・原爆病院 加世田俊一副院長(右から4人目)と

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センター 藤原佐枝子所長(左)と

広島大学原爆放射線医科学研究所 田代教授(右から4人目)と

広島原爆被爆者援護事業団にて高井理事長(前列中央)とスタッフの方々と

放射線影響研究所 分子生物科学部 分子遺伝学研究室 佐藤研究員(左奥)と