活動状況(年度別)

トップページ > 活動状況(年度別) > 活動状況(2017年度~ > ラトビアより研究者1名・ハワイより医師4名を受け入れました。

活動状況(年度別)

ラトビアより研究者1名・ハワイより医師4名を受け入れました。

ラトビアより研究者1名,また米国より医師4名を受け入れ, 放射線被曝者医療に関する研修を行いました。

受入研修生:

1 ローラ・コマロフスカ (ラトビア)

  リガ・ストラディン大学 衛生学・職業性疾患研究所 研究員

2 ケリー・ハッチンス (米国)

  カピオラニメディカルセンター/ハワイ大学小児科助教授

3 リン・イワモト (米国)

  カピオラニメディカルセンター/ハワイ大学 小児科准教授

4 スティーブン・J・ジョナス (米国)

  UCLA医学部 小児血液学・腫瘍学科 臨床指導医

 

研修期間

研修生1

 令和元年(2019) 年11月25日~12月20日

 

研修生2~4

 令和元年(2019) 年12月16日~12月20日

研修内容:

放射線生物影響研修   研修生1

放射線被曝者医療研修 研修生1~4

研修機関(研修日程順):

<11月25日~12月13日>  研修生1

 放射線影響研究所

<12月16日~12月20日>  研修生1~4

 広島市役所

 広島大学病院(高度救命救急センター)

 広島原爆養護ホーム舟入むつみ園

 広島原爆障害対策協議会

 広島大学原爆放射線医科学研究所

 放射線影響研究所

 広島赤十字・原爆病院
 その他平和記念資料館ほか視察

広島市役所原爆被害対策部 間所調査課長(中央右)と。

広島大学病院高度救命救急センターでの廣橋教授(右)による講義の様子。

舟入むつみ園で有田医師(左)による講義の様子。

広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センター 前田亮所長(中央)と。。

広島大学原爆放射線医科学研究所で田代所長(中央)と。

広島原爆赤十字原爆病院 柏戸副院長(中央左)と。

広島大学の医学生との交流会の様子。

放影研で丹羽理事長(中央左)より修了証を授与。指導教官の林副部長(左)と濱崎研究員(右)と一緒に。